エンタメ

安倍晋三の大学と学歴|身長や血液型・若い頃から総理までの経歴まとめ!

安倍晋三

安倍晋三さんの大学、高校などの学歴について調べてみました。

大学時代には南カリフォルニア大学に留学もされています。

その他にも安倍晋三さんの若い頃から総理までの経歴と、背が高く見えると言われている身長や血液型についてもまとめました!

スポンサーリンク

安倍晋三の学歴について|高校や大学

安倍晋三さんは以下の学校を卒業しています。

・成蹊高等学校・普通科

・成蹊大学・法学部・政治学科

・南カリフォルニア大学

どのような高校・大学なのかも見てみましょう。

高校時代~成蹊高等学校

安倍晋三さんは、1970年4月〜1973年3月の間、成蹊高等学校・普通科に在学していました。

地理研究部に所属して、地域の産業を研究していたそうですよ。

成蹊高等学校・普通科は、中高一貫教育の私立学校です。

生徒の2割が成蹊大学に進学。その他の生徒もほとんどが大学に進学しています。

進学校ではありますが、知名度は低めの学校ですね。

成蹊高等学校出身の有名人には、安倍晋三さん以外にも俳優・中井貴一さんなどがいらっしゃいます。



スポンサーリンク


大学時代~成蹊大学

安倍晋三さんは、1973年4月〜1977年3月の間、成蹊大学・法学部・政治学科に在学していました。

所属していたアーチェリー部では、準レギュラーだったようです。

成蹊大学は、少人数教育を伝統とし、人材育成に定評のある私立大学です。

偏差値55〜60なので、入学することはそこまで難しくないですね。

また、成蹊大学は、歴代理事長や役員の多くが三菱グループの出身者ということもあり、卒業後に三菱系企業への就職実績が良いことで知られています。関係がありそうですよね。

父・安倍晋太郎さんには「東大に行け!」と漢和辞典で頭を叩かれたことがあったようですが、安倍晋三さんが成蹊大学へ進学したのは、祖父の岸信介さんのアドバイスからだったようです。

安倍晋三は大学時代に留学していた

安倍晋三さんは、1978年1月に南カリフォルニア大学へ約1年間留学しています。

南カリフォルニア大学は、ロサンゼルスの中心地にあるカリフォルニア州で最も古い総合私立大学です。

海外は偏差値などはないですが、南カリフォルニア大学はアメリカ屈指の名門校で、最難関大学の一つなんです。

勉学だけでなく、オリンピックのメダリストの数は世界の大学の中で一番多く、トップレベルのアスリートも多数輩出しています。



スポンサーリンク


安倍晋三の身長は180cmある?

安倍晋三さんの身長は、公式プロフィールやWikipediaでは「175 cm」と公開されています。

体重は70kgと公表されています。

しかし、実際の身長よりも高くうつった写真が多いことから、”身長は180cmあるのでは?”という噂が浮上しています。

まずは、比較画像をみてみましょう。

安倍晋三さん:175cm

ドナルド・トランプさん:190cm

イヴァンカ・トランプさん:180cm(ヒール込み)

公式身長通りであれば、安倍晋三さんとドナルド・トランプさんの身長差は15cmのはずですよね。

15cm差は本来であればこれくらいの身長差ができるはずです。

やはり安倍晋三さんは、180cmくらいあるように見えますよね。

他にも、リーチマイケルさん(190cm)、麻生太郎さん(175cm)と並んでみても明らかに安倍晋三さんは身長180cmくらいありそうです。

あまりないと思いますが、公式身長を低く公開しているのかもしれません。

一番可能性があるのは、やはりシークレットシューズではないでしょうか。

パッと見は普通の靴ですが、3cm〜12cmも身長を盛ることができるんです。

現在のシークレットシューズは厚底ではなく、インソールのため見た目には全くわかりません。

サラリーマンにも愛用者が増えているなど需要が増加していますので、安倍晋三さんもシークレットシューズを履いているかもしれませんね。

 

安倍晋三の血液型と年齢は?

安倍晋三さんの血液型はB型で、年齢は1954年9月21日生まれで、現在65歳です。

同い年の有名人だと、お騒がせタレントの石田純一さん。

お笑い芸人や俳優としても活躍している片岡鶴太郎さん。

それにしても、安倍晋三さんをはじめこの年代の方は、年齢の割にとても見た目が若いですよね!

安倍晋三の若い頃の子供時代は?

安倍晋三さんの若い頃について調べてみました。

1982年(28歳)の時から政界に入った安倍晋三さん。

1954年9月21日に、安倍家の次男として東京都新宿区に生まれました。

父が政治家ということもあり、都内の高級住宅地の中でも広い敷地の邸宅で暮らしていたようです。

この時代に、こんなしっかりとした三輪車は珍しかったのではないでしょうか?

とても可愛らしいですが、中身は気丈に振る舞い、泣かないようにしていたようです。

父・安倍晋太郎さんは政治家として忙しく、若い頃から父親に遊んでもらったという記憶がほとんどなかったそうです。

そのためか、養育係の久保ウメさんにはとても甘えていたみたいですね。

ちなみにこちらが、高校生の安倍晋三さん。

現在よりシュッとしていますが、一目で安倍晋三さんだとわかりますよね!

安倍晋三が総理になるまでの経歴

内閣総理大臣である安倍晋三さんですが、総理になるまで一度体調不良で退任するなど苦労していました。

安倍晋三さんが、南カリフォルニア大学を卒業してから総理までの経歴を追ってみましょう!

1979年4月:株式会社神戸製鋼所入社

1982年11月:製鋼所退社。父・安倍晋太郎さんの秘書官に就任

1993年7月:衆議院議員初当選

2000年7月:第2次森改造内閣で内閣官房副長官に就任

2001年4月:第1次小泉内閣で内閣官房副長官に就任

2003年9月:自由民主党幹事長に就任

2004年9月:自由民主党幹事長代理・党改革推進本部長に就任

2005年10月:第3次小泉改造内閣で内閣官房長官に就任

2006年9月:自由民主党総裁・第90代内閣総理大臣に就任

2007年9月:安倍内閣総・自由民主党総裁を辞職

2012年9月:自由民主党総裁に選出

2012年12月:第96代内閣総理大臣に就任

わずか28歳の時から政界入りしている安倍晋三さん。

総理になるまで、24年間と短い期間でした!

1度目の総理選出時は、体調不良のために辞職していますが、現在は歴代総理最長記録を更新しています。

現在はコロナ問題などで、日々の職務に追われていることでしょうね。

しっかりと休息もしつつ、国民が安心して暮らせる措置を一刻も早く対策していただきたいですね!

スポンサーリンク