俳優・女優

堀田真由の滋賀の高校と中学はどこ?卒アルすっぴん画像やプロフィールも!

堀田真由

結婚情報誌『ゼクシィ』の13代目CMガールに選ばれた、堀田真由さん!

2020年から『non-no』専属モデルを務め、朝ドラ『エール』では豹変する魔性の女性を演じ、大きな話題を集めています。

2020年大注目の女優、堀田真由さんの学歴や経歴、出身地である滋賀の高校と中学について調べました。

卒アルすっぴん画像や身長・年齢などのプロフィールも合わせて見ていきましょう!

スポンサーリンク

堀田真由のプロフィール・身長や年齢

名前:堀田 真由(ほった まゆ)
生年月日:1998年4月2日
出身地:滋賀県
身長:159cm
足のサイズ:24cm
特技:バレエ
https://artist.amuse.co.jp/artist/hotta_mayu/

堀田真由さんは、1998年生まれの22歳(2020年5月現在)。

身長は159cmでです。

特技のバレエは、6歳の時から上京するまでの10年間習っていてオーディションの時にも披露しました。

2018年には、ホンダバイクの企画で、普通二輪免許を取得しています。

堀田真由の経歴・出演作品

堀田真由さんは、2014年、映画『ソロモンの偽証』の主人公の大規模なオーディションに応募し、最終選考まで残るも落選。

その後、現在も所属する事務所アミューズの新人発掘イベント「オーディションフェス2014」に自ら応募。

見事WOWOWドラマ賞を受賞しました。元々芸能界にとても興味があって、自ら行動していたのですね。

2015年には、WOWOW連続ドラマW『テミスの求刑』で主人公の妹役で女優デビューします。

2017年後期の朝ドラ『わろてんか』でも、ヒロインの妹役を演じ注目を集め、数々の話題作に出演、CMやバラエティー番組にも活躍の場を広げています。

堀田真由さんの主な出演作品

テレビドラマ
朝の連続テレビ小説『わろてんか』 (2017年10月~2018年3月) 藤岡りん 役
『チア☆ダン』 (2018年) 稲森望 役
『3年A組‐今から皆さんは、人質です‐』 (2019年) 熊沢花恋 役
『べしゃり暮らし』 (2019年) 土屋奈々 役
『ブラック校則』 (2019年) 三池ことね 役
『恋はつづくよどこまでも』 (2020年) 菅野海砂 役

映画
『狂い華「呪いうつり」』 (2017年) 主演・真梨 役
『虹色デイズ』 (2018年) ゆきりん(浅井幸子) 役
『36.8℃ サンジュウロクドハチブ』 (2018年) 主演・前田若菜 役
『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』 (2019年) 早坂愛 役
『殺さない彼と死なない彼女』 (2019年) きゃぴ子 役

『坂上どうぶつ王国』 (2018年~)

2020年からは、『non-no』専属モデルを務め、2020年4月にスタートした朝ドラ『エール』では、主人公を翻弄する魔性の踊り子役を演じ、大きな話題になりました。

また、美少女タレントの登竜門、結婚情報誌『ゼクシィ』の13代目のCMガールに抜擢され、今後の活躍が期待されています!

今後更にブレイクしそうですね。



スポンサーリンク


堀田真由の出身地は?

堀田真由さんの出身地は、滋賀県です。

出身の中学校が長浜市の中学校で、長浜警察署の一日署長を務めたこともあるため、実家は長浜市内だと言われています。

堀田真由の学歴・出身校!中学や高校は?

堀田真由さんは、高校を卒業と同時に芸能活動に専念しているため、大学には通っていないようです。

中学は、出身地である滋賀県の長浜市立長浜西中学校に通っていました。

堀田真由さんは2つの高校に通っていました。

中学卒業後、滋賀県内の共学高校に進学しますが、高校1年生の時にオーディションに合格したことをきっかけに上京。

高校2年生になるタイミングで、芸能コースのある日出高校に編入しています。

仕事も積極的に行うために、上京して芸能コースのある高校に編入したんですね!

日出高校の同級生には、『わろてんか』で姉妹を演じた、葵わかなさんもいたそうですよ。

堀田真由の卒アルすっぴん画像は?

堀田真由さんの中学か高校の時の卒アルすっぴん画像を探しましたが、見つかりませんでした。

代わりに、堀田真由さんのすっぴん画像を発見!

堀田真由のすっぴん

すっぴんでもお肌も綺麗で、メイクしてなくても可愛いですね!

すっぴんのほうが好きという人も多いかもしれませんね。



スポンサーリンク


堀田真由はバレエが特技

堀田真由さんの特技はバレエです。

アミューズに所属するきっかけになった「オーディションフェス2014」でも、特技のバレエを披露しています。

バレエを始めるきっかけになったのが、祖母に連れられて見た、宝塚歌劇団の公演でした。

女優を志したのも、この観劇をきっかけに宝塚歌劇団に入りたいと思ったからなのだそうです。

宝塚歌劇団に憧れた堀田真由さんは、6歳からクラシックバレエを習い始め、上京するまでバレエ教室に通っていました。

このバレエ教室が、小野正子バレエスタジオだと言われています。

小野正子バレエスタジオは、多くのタカラジェンヌや有名人を輩出した名門の教室です。

しかし、東京と千葉にしか教室がなく、滋賀県に住んでいた堀田真由さんが6歳の頃からずっとこの教室に通っていたのかは、わかりませんでした。

滋賀から通っていたのなら、相当力を入れていたのがわかります。

クラシックバレエの経験が、堀田真由さんの礎になっているのでしょうね。

スポンサーリンク